Memorism Processor

Memorism Processor

本格的なAI社会、IoT社会、Big Data社会がやってくる
時代のニーズに適したコンピュータのリニューアルが必要です。

メモリズムプロセッサはCPUやGPUの苦手な処理を肩代わりして
情報処理の近代化と呼ぶに相応しいコンピュータのリニューアルを実現します。

動画でわかる
「メモリズムプロセッサ」

従来のCPUよりも数千倍以上も高速なデータ検出処理を実現する「メモリズムプロセッサ」とは何か?
動画で簡単にわかりやすくご紹介します。

メモリズムプロセッサ
とは何なの?

なぜ高速なの?

得意な処理は?

情報処理の近代化
とは何なの?

メモリズムプロセッサ

メモリズムプロセッサは
CPU、GPUが苦手な処理を肩代わりし、
情報処理の性能や機能を飛躍的に向上させます。

商品説明

メモリズムプロセッサには、
従来のCPUと比較して数千倍以上の電力性能となる3タイプのプロセッサがあります。

SOP Set Operating Processor


画像やテキストなどのデータから意図したパターンの検出を得意とするプロセッサ

詳しく見る

DBP DataBase Processor


ビックデータの汎用データの中から意図したデータの検索や照合を得意とするプロセッサ

詳しく見る

XOP Cross Operating Processor


データ同士の比較を得意とするプロセッサ

詳しく見る

お知らせ

  • 2021.03.15

    弊社ホームページをリニュ―アル致しました。

  • 2021.03.09

    研究室を〒277-0882 柏市柏の葉5-4-19 東大柏ベンチャープラザ 308号室に移転いたしました。

  • 2021.01.12

    日経産業新聞に、データ検索、数千倍高速に、AOT、プロセッサー技術という内容で、DRAM方式DBPが紹介されました。

TOP